2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「旅行・地域」の9件の記事

2006/11/13

京都観光日記③

時系列どおりに書くと、
この後夜の二次会がある訳ですが、
ちょっとそこは後でゆっくり・・・という訳で。
2日目の京都観光を。

11月12日(日)

昨夜から冷え込んでたので外はかなり寒い・・・
手袋とかマフラー持ってきたら良かったな~と
思いながら、バスを待つ。
今日は昨日行く予定で行けなかった
「南禅寺&永観堂」へ。

昨日の荷物のままなので、
晴れてるにも関わらず傘を持ってる私・・・
何だかなあ・・・と思ってたけど、
後でこの傘が救世主になるなんて!!
思ってもみませんでした。
どこかに忘れたふりして置き去りにしなくて
ほんと良かった(笑)

バスを乗り継ぎ、「永観堂」へ
こちらも紅葉はいまひとつでしたが、
秋の寺宝展で多くの国宝・重文も見れたので満足です。

「みかえり阿弥陀」もばっちり拝んできました☆
56_1

Photo_28 Photo_29 Photo_30 Photo_31







紅葉はこんなカンジでまばらでした。
池にいる鴨がかなりかわいかった!
動物と戯れたい人なので、
一人じゃなきゃ絶対、「カモカモ」言ってました(笑)
ちなみに、私の中でハトの呼び名は
「クルックー」か「ポッポ」(笑)
以前に本願寺で「クルックー」と戯れたことがあります(笑)
もちろん、大人になってから。

この後、南禅寺へ向かうのですが、
人が増え、そして時間がなくなり
三門を眺めるだけして帰ってきました。
また今度、ゆっくり時間のあるときに行きたいです(泣)

そして、この時にわかに空が曇りだし、
雨が!!
えっ!?今日降る予報やったっけ~??
と思いながらも冷たい雨は強くなる一方。
ほとんどの観光客が傘を持っておらずお店で購入する中、
私は傘があってよかったな~としみじみ思いました。
まあ、ちょっとしたら止んだんですけどね(笑)

そんなこんなで京都駅へ行き、
私の京都観光は終了しました。
あまり行けてないし、十分見れてもないので
ちょっと消化不良気味ですが、
寝不足にしてはがんばった(笑)

また、機会があれば行きたいです。
今度は、ちゃんと紅葉してるときに(笑)

しかもね、カップル多かった(笑)
一人で来るもんじゃないな、と思った。

京都観光日記②

さてさて、湯豆腐を堪能した後、どこに行こうか
迷った私・・・
ホテルチェックインまでまだ時間はあるけど、
雨で寒いし、そんなに遠くまで行きたい気分じゃないな~
と、いう訳で二次会の会場に近い「下鴨神社」へ

鴨川沿いを歩く・・・
雨降ってなきゃ良かったのになあ。
雨降ってなきゃ絶好のロケーション・・・

てくてく歩いて世界文化遺産の
「糺(ただす)の森」へ
Photo_23 Photo_24







こちらはほとんど紅葉してません。
後で聞いたら京都でも一番てくらい
紅葉の遅い場所らしいです。
でも、両側を緑に囲まれて歩くと、
自然に癒されてる気がして、
なんだか幸せでした☆

自然は見慣れてるはずなのに、
ここのはちょっと違う気がしました。
気のせい??(笑)

糺の森を抜けて下鴨神社へ。
2_5 Photo_25







日が良かったせいもあり、何組かの婚礼が
行われてました。
何となく、
これから二次会に行く友達んとこあったら
おもしろいのにな~って思ってたら
ほんとにあって(笑)

両家の名前見つけたときは、
思わず「ネタやん!」って口に出しちゃった(笑)
どうやら親族だけの式だったみたいです。
その行われてる最中のところを
隙間からちょっと覗き見しながら(笑)
下鴨神社を後にしました。

ちなみにこんなカンジだったみたい↓↓
Photo_2

京都観光日記①

今日からのんびり京都話でも・・・
と思ってたら、明日はフラゲの日
じゃないですか~!!

さくさくーっと終わらそうかな(笑)


11月11日(土)

朝からどんより雨雲・・・
うちの方では昨夜11時過ぎから激しい雷雨(笑)
2時過ぎに目覚めたときにもまだ光ってた・・・
なんじゃそりゃ~ってカンジ(笑)

とりあえず、観光する予定で早めの新幹線とったし
行かんとね・・・
こんなことならゆっくり寝たかったな~ってのが本音。

電車を乗り継いで新大阪へ。
実は、新大阪までの切符しか買ってないんです。
得割の切符が新大阪まで限定だったので
京都まで直行するより1回降りたほうがかなりお得。
そんなこんなで乗り換えしてると、
かなりの人混み・・・
何でこんなに多いんじゃ~!!ってカンジでその時点で
ぐったりしてました。
田舎者に都会は合わん!!(笑)

京都に着いたのは予定より少し遅れて11時過ぎ
やっぱり雨模様。う~ん、どうしよう。
ちょっとだけ予定変更。
最初の目的地は・・・
Photo_17 Photo_18








こちらでございます。
雨に煙る銀閣寺、
かなり侘びです☆

でも、この写真撮るのかなり苦労しました(汗)
雨がかなり降ってて傘さしながら、
しかも雨なのに人多いし(怒)

でも、人生初の銀閣寺でした!!
金閣寺は修学旅行で行ったことあるけど、
こちらは初!!
質素な佇まいですね。
私的にはこちらの方が好きです。

侘び寂びの世界。

残念ながら、紅葉はほとんどありません(笑)
山の上の方の陽が当たるところだけでしたね。
こんなカンジ。
Photo_19 Photo_20









一通り、見終わって次はどうしようかと悩む・・・
雨でなければ「哲学の道~南禅寺・永観堂」コースを
予定してましたが、この雨だし、寒いし、
予想以上に人多いし・・・
迷った挙句、せっかくだしちょっと行ってみようかな~
ということで哲学の道を一人てくてくと・・・
思案にふけることは・・・なかったです(笑)

お腹がすいてたので何か食べたいな~と思いながら
周りを探す。
ここで、今日は絶対コレ食べる!!
と決めてたものがあります。
「湯豆腐」です!!

この天気だし、食べるしかない!!
一人だろうと何だろうと食べてやる!!(笑)
そこで哲学の道を歩いて有名な「喜さ起(きさき)」へ。
が、しかし、甘かった・・・
人でいっぱい・・・
ただでさえ人混み嫌いな私はその時点でうんざり。
もうこれ以上進む気力もなく引き返しました。
でも、でも湯豆腐は食べたい!!
もう頭の中は湯豆腐でいっぱい(笑)

そこで見つけたのが「白沙村荘」の
「はしもと」というお店。
外から見て、一人でも入りやすそうだったし、
値段もお手ごろでした。
注文したのは湯豆腐つきの「昼御膳」1500円
Photo_21 Photo_22








前菜の盛り合せもおいしかったし、
何より、湯豆腐!!
いや~ん、シアワセ☆
ここのお豆腐、つるっとしてておいしかったです。

一人でほっこりまったりしてました。
さてさて、次はどこにしようかしら??
ガイドブック広げて一人思案にふける・・・

つづく→

2006/10/30

小豆の島日記☆その4

第3の目的地→マルキン醤油記念館

先程も書いたとおり、小豆島はお醤油も名産です。
そのうちでも大きなマルキン醤油。
醤油作りのあれこれを展示した醤油記念館見学です。

Marukin_shoyu_kinenkan 20061029141950







大きな醤油蔵の中にいろいろ展示してました。
駐車場には大きな醤油樽が。
この樽、至るところで見ました。
もろみ搾り工場も自由に見学できましたが、
ちょっとにおいがきつすぎました・・・
時折におってくる、大豆の炊いたにおいは
とてもいいにおいだったんですけどね。


この記念館と、お目当てがもうひとつ!!

“しょうゆソフトクリーム”です!!
20061029141430
←こちら。

色はほんのり茶色。

醤油のにおいは
しません。


お味のほうは・・・醤油???
ってカンジです。
醤油の味はしません。
ただ、普通のソフトクリームよりちょっと
こくのある味がします。
何の味?って言われると表現に困ります(汗)

以前、金比羅さんのふもとで
“しょうゆ豆ソフトクリーム”なるものを食べましたが
それとよく似た味ですね(笑)
ま、両方ともしょうゆなのでね。

気になるかたは是非ご賞味ください。

あ、小豆島は他に“オリーブソフトクリーム”と
“佃煮ソフトクリーム”があるんですよ。
私は食べてないので食べたことあるかた、
またお味を教えてくださいね☆

小豆の島日記☆その3

お腹もいっぱいになったので、二十四の瞳映画村を
見て回りました。
20061029133802 20061029131233
Bunkou3







小学校の横に竹馬がありました。
早速やってみることに・・・
もう16年以上ぶりぐらいかな(笑)
最初はうまくできませんでしたが
少しすると、昔取った杵柄、歩けました!!

運動神経のなかった私ですが、竹馬だけは
得意でしたの☆
竹馬乗ってる写真もあるのですが、
自主規制です(笑)

そんなこんなで堪能してると、
二十四の瞳天満宮がありました。
おみくじを引いてみると・・・
20061029131744
小吉・・・

び、微妙・・・





しかも、旅のところには・・・
20061029131728
海にむかって
大声を出して
みましょうって・・・

残念ながら
しませんでした(笑)


う~ん、次はどこ行こう。

小豆の島日記☆その2

寒霞渓でちょうどお昼を迎えました。
何か食べるもの・・・と思って見てみたら、
「うどん」と「カレー」・・・ここまで来て食べんでも(汗)
と、思った私達は山を下ることに。

山を下る途中、「猿おらへんかなあ」という私達の

目の前を・・・えっ!?

きゃー!!

タヌキだあ~!!

野生のタヌキが走り去りました!!

ほんとに一瞬の出来事だったのでカメラを向ける暇もなく。
野生のタヌキなんて、たぶん生まれて初めて見た!!
うちも田舎なので野生のキツネとかは見るんですけどね、
えっ、それもすごい??


うわあ~!!すごいなあ!!
小豆島の自然ってすごい!!

ひたすら感動です☆

そして第2の目的地→二十四の瞳映画村へ

観光はもちろんのこと、私たちの目的は、
お昼ごはん!でした。

映画村内にある、「蔵」というお店へ
24kura061001
こちらはヤマロク醤油という
お醤油屋さんがやってる
お店です。

小豆島は、醤油の名産地でも
あるんです。
島内に二十数件の醤油屋さんがあり、
多くの醤油蔵が並んでおりました。

こちらでは、ごはんの前に“きき醤油”を。
20061029123608 左から
菊つゆ
鶴醤(つるびしお)
菊醤(きくびしお) です。

菊つゆ→菊醤をベースにだしと砂糖で作りました。
      甘めの味がおいしくてこのまま使えます。
鶴醤→生醤油の中に国産丸大豆と国産小麦で作った
     麹を再度仕込んだものです。味が濃いです。

菊醤→国内産の丹波黒豆で作ったお醤油です。
     鶴醤に比べて味が優しい感じです。

お醤油もいろいろあるんだなあと思ってると、
お待ちかねのごはん登場です。

20061029123807◆じゃこめし
 (もろみかけ)

◆豚の菊煮&煮卵

◆杉樽生そうめん
 (あったかいの)

やっぱり、小豆島に来たらそうめん食べないと!
と、いうことでそうめん、しかも出来たて
生そうめんを食べました☆

じゃこめしは、もろみの味がおいしかったです。
菊煮は、菊醤で似た豚の角煮です。
沖縄出身の奥さんの手作りらしくおいしかった。
煮卵もとろとろ半熟でしたよ☆

満足です☆

2006/10/29

今日のお出かけ

本日、船に乗って旅に出ておりました。
1時間程度で着く島です。
どこかというと・・・
Photo_16 って大事なとこ消えてますね(汗)

あまりお天気が良くなくて、
紅葉にもちと早かったのですが、
それなりに楽しめました☆

でも、非常に疲れました・・・

また、詳しい旅行日記は後ほどゆっくりと☆

ちなみに、今日行ってたのは

オリーブと素麺とお醤油の有名な島です☆
 

2006/10/27

京都女一人旅(予定)

11月11日に友人の結婚式の二次会に出席するため、
京都に行きます。
んで、せっかくなので京都観光でもしようかな~と
今日、思いつきました(笑)

ちょうど紅葉の頃ですよね。
ホテルもやっとこさとれたぐらいなので、どこに行っても
人多いんだろうな~と思うけど・・・

そこで、どこに行くか考え中・・・
いつも、祇園とか清水寺とか嵐山に行くので
今度は違った場所に行ってみたいな~と考えてます。
京都は好きだけど、行ったことのない場所の方が
圧倒的に多くて、何から行こうか迷ってます・・・

銀閣寺も行きたいです。
南禅寺も行きたいです。
この辺になるのかな?

でも、修学旅行で行ったけど二条城もお城祭りしてる
みたいなので行きたい!!

でも、やっぱり鍵善で鍵もち買って帰りたいし・・・

本当は夜間ライトアップ見たいのですが、
夜は二次会やしね・・・(これが本題)

皆さん、おススメの場所教えてください!!

あ、ちなみにホテルは西陣織会館の近くです☆

2006/05/28

水瓶

Photo_10 1 2









今日は、四国の水瓶“早明浦ダム”を見に行きました。

四国、特にうどん国の住人にとってはなくては

ならないその存在です。

このダムより香川用水へと水が供給され、私たちの水道へと

続いているのです。

昨年夏の大渇水、このダムの貯水量が0%になって

しまいました。

豊かな水をたたえるはずのダムがからっぽになるなんて

普通じゃ考えられないですよね・・・

だけどよく起こるんです。

もともとうどん国は降雨量の少ない土地で、先人はため池を

作って農業を行ってきました。

日本一日照時間が長い(?)ということで20年ぐらい前には

仁尾サンシャイン博という太陽光発電の遊園地みたいな

ものも作られてました。

今日は、水はたっぷりとあり、山々の木々も青々として

いました。昨年の夏には干からびてたのが嘘のようです。

今年の夏は昨年のようなことが起こりませんように・・・

大事な大事なうどんも食べれなくなりますからね。

(うどんを茹でるのには大量の水が必要なんです。)

1_1 2_1

水門の図(早明浦ダムと書いてあります)

水は大切に!!