2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「恋愛」の1件の記事

2006/10/24

名古屋な人

母が名古屋に行く際、いろいろ教えてあげたので何だかいろいろ思い出してしまいました。名古屋に関する思い出を・・・
名古屋っていう土地はあまりいい思い出のないとこです。
(名古屋の方すみません)
せつない思い出の土地ですね・・・

もう、何年前になるのかな?
入社3年目のことだから、4年前の話になります。
当時、付き合ってた彼氏が転勤になり、名古屋で一人暮らしを始めることになりました。
もともと大学の縁だったので神戸⇔うどん国の遠距離だったのがちょっとだけ距離が伸びることに。
何回か私が名古屋まで行きました。
彼氏が名古屋から実家の神戸に戻ることはしても、うどん国まで足を伸ばしたことはなかったです。来たのは確か、神戸にいるときの付き合い始めの1回だけですね…この時点でもう負け決定!?(汗)

その彼とは実は何回も付き合って別れるを繰り返してたダメダメ恋愛でした。
それでも、彼が必要だと思ってました、その時は。

夏頃、電話してる時に些細なことで諍いが。
いつものよくある話。
だけど、それからしばらく彼からの音信が途絶える・・・
また、一人で勝手に何考えとるん?そう思った。
音信不通もよくある話。だけど、その1週間後には私名古屋行く予定にしてたのに…
「予定通り○日に行くからね」メールしても無視…
これは行ってちゃんと話するしかないな、
そう思った私は予定通り名古屋に行くことにしました。
行けばなんとかなる、そう思ってました。

仕事後に出たので名古屋に着いたのは22時過ぎ。
とりあえず、「着いたよ」メールを送る。
でも連絡なし…仕方ない、待つしかないな。
で、待っても待っても連絡なし…
見知らぬ土地で頼れる人もなく、時間だけがただ過ぎてく…
すんごく不安ですんごく心細くて…
結局1時過ぎまで待っても連絡がなく、
仕方なく一人ホテルに泊まることに・・・
ホテルに着いてすぐぐらいだろうか、
彼氏から、「ホテル見つかったんか?」のメールが。
その時は、「いまさら?」という思いよりも
「連絡くれた!!」といううれしさの方が勝った私。
安心して眠りにつきました。

そして次の日、朝起きてホテルを出るときに彼にメールを。
そしたら「眠い」の一言。
「じゃあ、起きたらメールして。」
そう伝え、彼が起きるまで待ってました。

そして、待つこと・・・7時間(笑)
彼氏から連絡がきたのが夜の7時30分ぐらいでした。
それまで、ずっと、いつ連絡来るかな?
って思いながらよく知らない名古屋で待ち続けた私・・・
昨夜からと合わせると10時間以上待ちました。
遠くへ行ってしまうと連絡が来たときにすぐ行けないから、
ずっと駅の高島屋でいました。もう、見るものもなくなって
ローズパティオで座ってボーっとしてたり・・・
帰るっていう選択肢は私の中でなかったです。
彼と話がしたいその一心でした。

その後、彼と会い、話合いの末、元通りに・・・
でもね、やっぱり上手くいきませんでした。
時々音信不通になる彼氏、
私の誕生日数日前から連絡が途絶え、
この日こそは・・・って思ってたのに何もなく、
もう何を考えているのか分からない、
そう伝えるのが精一杯でした。

だから、名古屋には待ち続けた思い出しかないんです。
きっとその前には楽しいこともあったし、
その後、普通に楽しんだこともあったはず・・・
だけど、やっぱりあの日の印象が強すぎて、
私にとっては苦手な街です。

何だかちょっぴりせつなくなってきました。
もう4年も前の話ですが、傷が痛むのかなあ・・・